中原真希/長崎


 
長崎県生まれ。大村市在住。陶芸家。女子美術大学デザイン科卒。インテリアデザイン事務所STUDIO80を経て愛知県瀬戸市・佐賀県有田町にて陶磁器を学ぶ。有田町「岳窯」照井一玄氏に師事。2008年陶磁工房一朶(いちだ)開窯。天草陶石を用いた磁器製品の制作を中心に活動。
 
 
作品について

うつわのころも
手間り

 
2枚の布を合わせただけの、衣装の面白さを形にしたカップホルダー。それを作るときに出た端切れを生かした針山。は見た目が手毬に似ているのと、作った人の手間と時間を思って名付けた。どちらも自身で焼いた磁器と組み合わせた。
 

広告
カテゴリー: NEWS, Vol.2 長崎会場, 最新作家情報, 中原真希/長崎, 九州の作家 パーマリンク