城戸雄介(ONE KILN)/鹿児島

 

 
ONE KILN(ワンキルン)はひとつの窯という意味です。
窯からうまれる様々なつながりをコンセプトに2008年より活動しています。
作陶は主に型を用いて成形する手法で、
型ならではのフォルムと独自のテクスチャーを探索中です。
喜び、驚き、感動すること。
そんな日常の一場面を思い描きながらひとつひとつ心を込めて作っています。
どうぞ、楽しんでお使い下さい。 

 

 
作品について

 

■Hyoutan /ヒョウタン 花器・オブジェ
瓢箪(ひょうたん)は、古来より福を呼ぶ縁起の良いものとして扱われてきた植物です。
中空であるその形から、神霊や不思議な力が宿るとされてきました。悪いものを吸い、良いものを吐くと
の考え方から、お守りや魔除けとしても広く用いられます。


 

■Badge / バッジ 約 Ø 40 ¥1,260 
判を押し、溝に絵の具を流し込み施釉して高温焼成。その後、淵に金や銀を施し低温焼成しています。

 

広告
カテゴリー: NEWS, Vol.3 鹿児島会場, 城戸雄介(ONE KILN)/鹿児島, 最新作家情報, 九州の作家 パーマリンク