熊本会場トークイベントのゲスト紹介

2012年1月に開催の東北九州プロジェクト熊本会場
トークイベントのゲストのプロフィールを紹介します。

熊本会場概要→https://tohokukyushu.wordpress.com/vol-4-kumamoto/
 
◯TKP TALK vo.4
・テーマ        :(仮)震災へのアートからのアプローチ
             ~仙台で起こっていること、熊本で起こったこと~
・開催日時       :2012年1月28日 19:00~20:30
・ゲストスピーカー   :村上タカシ/美術家・MMIX Lab代表(仙台)
・シンポジウムパネリスト:坂本顕子/熊本市現代美術館学芸員(熊本)
・モデレーター     :野田恒雄(東北九州プロジェクト実行委員会)
・参加費        :¥1,000-(TKPブレンド1杯付き)
◯会場
長崎書店リトルスターホール 熊本市上通町6-23 長崎書店3F

 
【東北側】

村上タカシ(美術家、一般社団法人MMIX Lab代表) 

熊本生まれ。1986年より畳やお米を使ったインスタレーション作品など美術家として東京で活動を開始。国内外の展覧会やアートプロジェクトに参加。これまでの作品としては、「GreenCircle」「アーツ・センター構想」「TANABATA列車」など。また東京杉並区で1994・96年のIZUMIWAKU project「学校美術館構想」展や2003年より仙台でT.ORG「観光とアート」展や「アート・インクルージョン」http://art-in.orgなど数々の学校やまちを使ったアートプロジェクトを企画実施。3.11以降は3.11メモリアルプロジェクト(のこすプロジェクト)や桜3.11(しめすプロジェクト)などを展開中。http://mmix.org 


 
【熊本側】

坂本顕子 

1976年熊本生まれ。熊本市現代美術館学芸員。http://www.camk.or.jp/
専門は現代美術/美術教育。主な展覧会に「森村泰昌─美の教室、静聴せよ」
「日比野克彦 HIGO BY HIBINO」。昨年、被災地で撮影を行ったトーチカ
「ReBuild」展を担当したほか、artscapeで熊本・九州のアートの動きを
随時レポートしている。http://artscape.jp/

 

広告
カテゴリー: NEWS, Vol.4 熊本会場 パーマリンク